« 「バロック時代の宮廷舞踏と音楽へのいざない」 | メイン | バロックダンスへのいざない2010 クリスマス・スペシャルレッスン »

バロック音楽とダンスで楽しむ X'mas コンサート

日時:2010年12月23日(木・祝)
場所:紀尾井ホール

J-ph.ラモー オペラ・バレ「優雅なインドの国々 Les Indes Galantes」より
 プロローグ
 第3幕「花々、またはペルシャの祭り」
 第4幕「未開人たち」

T.ベアード、浜中康子をはじめとするダンサーそして4人のソロ歌手はすべて衣装を身につけ紀尾井バロック・アンサンブルの演奏とともに、音楽とダンスのスペクタクルがくり広げられる。 歌詞はフランス語で歌われますが、俳優 林 隆三氏が魅力ある声でそのストーリーを語ります。


*古楽器とバロックダンスの融合によって、バロック様式を踏まえたスペクタクルを再現することができました。成功裡のうちに無事終了いたしました。

 
【監修】
 前田りり子、浜中康子
【指揮・オルガン&チェンバロ】
 上尾直毅
【ソプラノ】
 山村奈緒子
 鈴木美紀子
【テノール】
 鈴木准
【バリトン】
 根岸一郎
【アルト】
 横町あゆみ
【バロックダンス】
 浜中康子
 トーマス・ベアード(賛助出演)
 北條耕男、岩佐樹里
【語り】
 林隆三